ホーム > 技能検定及び能力評価試験 > コンピューターサービス技能評価試験

コンピューターサービス技能評価試験

概要

コンピュータサービス技能評価試験は、職業能力開発促進法に基づき設立された中央職業能力開発協会及び宮崎県職業能力開発協会が共同で行う公的な試験です。
 試験内容は、実務作業を想定した試験問題で、仕事で活用できる能力を評価するため、即戦力の人材を育成、評価できます。
 試験は、どなたでも受験でき、下の表のとおり3部門あり、また、ワープロと表計算は難易度により1級、2級、3級に分けて実施します。

詳しくは中央職業能力開発協会のホームページをご覧ください。

部門名 等級
ワープロ部門 1級・2級・3級
表計算部門 1級・2級・3級
情報セキュリティ部門 等級はありません

一般の方を対象とする試験のご案内

コンピュータサービス技能評価試験は、中央職業能力開発協会から認定を受けた認定施設(パソコン教室、職業訓練校など)以外で学んでいる方や独学でパソコンを学んだ方について、下記の2つの施設で受験することができます。
 受験申請書(様式)、受験日、受験申請書の提出、受験料の納付など受験案内に関することにつきましては、直接、受験を希望される施設にお問い合わせください。

【一般の方の受験施設】

施設名・企業名 所在地 電話番号・ホームページ等
施設名:モノリス宮崎
企業名:(株)モノリスワークス
〒880-0805
宮崎市橘通東5-4-8
岩切第2ビル2階
電話番号 0985-31-0357
http://www.monolith-w.com/javada.html
施設名:オフィスネッツ
企業名:プリンシプル(株)
〒882-0043
延岡市祇園町2-5-2
電話番号 0982-31-0748
http://www.principle-p.co.jp/subscription.html

※一般の方は、モノリス宮崎又はオフィスネッツのどちらかご都合の良い施設を選び、受験してください。

前のページへ戻る このページの先頭へ